life:愉しい生活

日々の生活に彩を添えるお気に入りや愉しいこと、いろいろ。

2014年8月

帰省

2014,08.14

この夏は、父の新盆でもあり、お盆の時期は前の週から家の内外の掃除やら買い物やら何やらで、結構慌ただしく。
今日も、朝から村の方々が大勢来てくださり、お茶をお出ししたり、お相手申し上げたりと盛りだくさんな一日。

祭壇を祀り、お客様をお迎えする旧母屋は、田の字型に部屋が配され、周りを縁側廊下が巡る典型的な”田舎造り”。
仕切りのふすまを取り払えば大広間になり、昔はイベント事があると、お膳を並べて大勢が集ったといいます。

母屋

母屋

客足が途絶えて、空白の時間、畳に寝転んで障子越しの光の中蝉しぐれにつつまれると、
なんだかちょっと懐かしい、こどもの頃の”夏休み”の感覚がよみがえります。

母屋

母屋

母屋は築100年。
すり減って光沢のある敷居や黒く光る柱の時間が醸した風合いは、たからものです。

先日手に入れた”イチガン”。
広角・望遠の交換レンズが2本ついていますが、今回、単焦点マクロレンズを入手しました。
レンズによって切り取る世界が全く異なり、さらに、絞りや明るさ等のさじ加減で、同じ角度で撮っても全然違った表現になる、その奥行きの深さに、新鮮な驚きと、ワクワクの毎日です。

旧いガラスの小瓶

旧いガラスの小瓶

category: 暮らし