ニンニク植え付け

2018,11.18

今日はニンニクを植え付けます。
おだやかな絶好の畑日和^^

まずは、畑づくりから~^^;
夏の間、手が回らず、草が生え放題に生え、草原のようになってしまった”畑”。
植えるに先立ちやるべきことがあるわけです^^;

最初にトラクターの稼働チェック。
5月に田んぼで使って以降、全然動かしていないので、ちゃんとエンジンかかるのか確かめないと。
トラクター動かないと、本日の作業目論見は崩れてしまいますので。

トラクター稼働チェック。

トラクター稼働チェック。

予想に反して一発始動!
去年バッテリーを交換したのが効いたのかな。
ほっとすると同時に、気分もアガります^^

トラクター使えることがわかりましたので、畑作業。
先週までに大まかに刈っておいた草の根を掻き起こします。

草の根を掻き起こします。

草の根を掻き起こします。

はびこった草の根などは、地中で育つ作物には生育の妨げになるので、極力取り除くわけです。

ざっと畑がきれいになったら、掻き起こした根や先日刈った枯草を燃やします。

畑で焚火

畑で焚火

こうすれば、周りも整理されるし、灰はそのまま肥料になるし、一石二鳥なのであります。
気兼ねなく”火遊び”できるのも田舎のいいところ^^

灰が冷めたら全体に広げて。

灰を広げて。

灰を広げて。

今回、畑の手前半分に「タナクラクレイ」も撒きました。
太古の昔海底で、様々な有機物が堆積してできた地層から採取した土。
友人が、試しに、と入手してくれたもので、どんなものかと実験であります。

灰とタナクラクレイをトラクターで漉き込むように耕したら、植え床作り。
周囲を盛り上げて、床面を手で均しながら、残っている草の根や地下茎を丁寧に取り除きます。

こういうのが結構出てきます。

こういうのが結構出てきます。

まんべんなく床面を均していく作業は、さながらベッドメイキングみたい。
仕上がった植え床は、ふんわりイイ感じです^^

植え床を作ります。

植え床を作ります。

いよいよ、ニンニクの植え付け。
今回用意した種ニンニクは12玉。ひとかけ単位にバラすと89片に。
植え床に3列各30穴等間隔に植えていきます。

ニンニク植え付け。

ニンニク植え付け。

★スマホカメラの撮影設定が変わったのか、画質が変だけど^^;

地中5cmくらいに、芽が伸びる方を上にして、丁寧に。。。

土をかぶせて、植え終わり。

ニンニク畑

ニンニク畑

今回は大きいものができるとよいな。
楽しみ!

category: 暮らし