life:愉しい生活

日々の生活に彩を添えるお気に入りや愉しいこと、いろいろ。

田んぼ2021:今年の田んぼは・・・

2021,09.26

新米収穫!(^^)!
先日、親戚のプロの農家、湯本さんに刈取実施いただきました。

稲刈り完了!

稲刈り完了!

今年もおいしいお米が食べられます~(^^)

と喜んでばかりはいられない。
というのも、今年の田んぼは少々散々で(^^;)

穫れ高は30kgの袋で23袋。
昨年は26袋なので、ちょっと落としたなぁ。
これは、天候不順で不作だった一昨年に並ぶ低水準で(^^;)

それというのも、なんせ今年は「稗」がヤバくて。
昨年母が倒れバタバタ余裕なく、適時に手を入れられなかったため、種が全て落ちてしまい、さらに加えて、今年は”除草剤散布無し”で進行したこともあり、全種発芽・超過密密生状態に。

稗密生

稗密生

代掻きで種を運んでしまったようで、田んぼ奥の方まで群落が拡がり・・・。
こんなになったことは経験なく(まっとうにやっている田んぼではあり得ない)さすがに顔色無し。ヤバい。

そして、このまま、また種が全部落ちたら・・・。
想像するだけでオソロシイ(^^;)

とにかく、少しでも種を落す前に刈り取らねばと、ワシワシ田んぼに入って稗刈り。
早々と倒れてしまった稲もたくさんありましたが、踏みつけることなどもはや気にしている余裕なく、ある程度”捨て”を覚悟でワシワシ稗刈り。

稗

8月末から9月半ばまで、毎週これくらい刈って。
特に、手前の密生エリアは畳3畳分ほど群落ごと全刈り。
稲も混在しているけれど、その損失より稗の種が落ちることの方が怖く^^;
実際、稗の超密生の中では稲は駆逐されほとんど生育しておらず、はびこり系の恐ろしさをまざまざと見せつけられた思いであります。

トラ刈りのたんぼ

トラ刈りのたんぼ

おかげで田んぼは手前部分”トラ刈り”に^^;
毎年、金色の穂波が美しく眺められたのに、このザマは少々(というかかなり)悔しく。
来年は、まず除草剤はシッカリやらなきゃ(遺憾ながら)だし、これだけ刈ってもおそらく相当量の種が落ちたと思われ、その拡がりをどう抑えるか、課題であります。

category: 暮らし