life:愉しい生活

日々の生活に彩を添えるお気に入りや愉しいこと、いろいろ。

街ある記 十条・王子 2011,5,4

2011.05.04

天気に恵まれたこの日、いつも通過するばかりで降りたことはなかったけれど、ちょっと気になっていた十条に行ってみた。

【十条駅西口】
お昼に西口ロータリーから歩き出し。いきなりだが、まずは腹ごしらえ。そもそも、「どこかメシを食いに行って、ついでにその辺をぶらつく」のが、この企画の原点だったので、これでいいのだ。

十条駅西口

この日は快晴。絶好の街歩き日和。

【日本蕎麦:「武蔵野」】
お昼は、十条銀座商店街近くのおそば屋さん「武蔵野」で。大正時代創業の老舗。にもかかわらず、敷居の高さなど感じさせない店構えが良い。
店内はほぼ満席。タイミングよく空いた卓について、早速お品書を。これまた敷居の高さなど感じさせない値ごろ感。
お昼限定の丼つきセットは、「冷たい蕎麦と海老の塩天丼」「温かい蕎麦と海老の塩掻揚げ丼」の2種。どちらも魅力的だったが、今回は「塩天丼」で。
蕎麦は国産の二八細打ち。しゃっきりした歯ざわりと香りが良い。
辛めのつゆと、山葵をちょっとのせて、
うまいっ。
揚げ葱を振りかけた「塩天丼」は期待以上の驚愕の美味さ。あっさり塩味とぷりぷりの海老、揚げ葱の香ばしさが絶品。

日本蕎麦:「武蔵野」の「冷たい蕎麦と海老の塩天丼」

撮るのを忘れて、だいぶ食してしまったが・・・。

【十条商店街】
大いに満足して店を出て、十条銀座商店街アーケード。
個性的な店が並び、活気がある。各地に”銀座商店街”あれど(あと、”すずらん通り”ね)パワーの点では堂々上位にランクされるだろう。それぞれのお店が”地元視点”で商材展開し、商店街全体を盛り立てていく気概を感じる。ユーズドの衣料品店が多く、掘出物がありそう。

十条商店街

「刀傘」背中に背負うことが可能な優れもの!

【路地裏】
アーケードから出て踏み切りを渡り、「だいたいあっち方向」なカンジで適当な路地を入る。住宅密集地。
こういうところ、引越屋泣かせなんだよな。トラックが入らないから、路地を人力で”横持ち”しなきゃならないからさ。などと思いつつ覘いた路地に手押しポンプ発見。

路地裏

路地裏の手押しポンプ。

【自衛隊本部】
路地を抜けると自衛隊の敷地が。古い地図では”陸上自衛隊十条駐屯地”となっていたが、現在は補給関係の本部となっているようだ。

自衛隊本部

陸・海・空各自衛隊の補給本部が入る。

【北区立中央図書館】
元十条駐屯地内にあった赤レンガ倉庫。戦時中のもので手付かずで残されていたが、北区が買い上げ公園、図書館としてリニューアルしたそう。
こういうセンス、良いね。

北区立中央図書館

中は白基調で明るく近代的。カフェレストランが併設されている。

【昭和な感じの公園】
図書館エリアに隣接する昔ながらの団地の公園。

昭和な感じの公園

今やレトロな感じの遊具が懐かしい佇まい。子供の姿はなかったが・・・。

【三平坂】
住宅地を進み、名主の滝公園へ下る三平坂。かなりの勾配。下りだったからよかったが、登りは相当だろうな。

三平坂

道脇の壁につけられた手すりがそのキツさを物語る・・・。

【名主の滝公園】
三平坂の向こうのエリアが名主の滝公園。
江戸時代、王子村の名主、畑野孫八が自宅に造った庭園だそう。名前の通り、園内には多くの滝があるのだが、水はなく枯山水のおもむき。震災後の節電対応とのことだが、ってことはポンプで汲み上げて流してるということか。昔はどうしてたんだろ?

名主の滝公園

緑がやさしい庭園。

【お風呂屋さん】
王子稲荷下のお風呂屋「稲荷湯」。
ちょうど掃除中のようで、開け放した窓から富士山のペンキ画が見えた。番台辺りも昭和なカンジで面白そう。入浴料大人450円也。
お風呂屋さんは、子供の頃何回か行っただけだが、結構印象深い。戸口をくぐった時の湿った匂い、下足札、タイル張りの床、カコーンという桶の音、丸い押下げ式の蛇口、ケロリンの黄色い桶・・・。そして、風呂上りのコーヒー牛乳。ガラス瓶で、紙のキャップのやつね。
どこか甘酸っぱいな。

お風呂屋さん

稲荷湯外観。

【甘味処:「石鍋商店」】
くず餅の名店「石鍋商店」は、明治20年代創業。店舗は新しくモダンな感じになったが、暖簾と店の前に置かれた大きな天草の束は変わらず。
店内には喫茶スペースがあり、ここで一休み。名物のくず餅と、ところてんを頂く。天草は、神津島、伊豆など3産地の上質なものを使用している。気温も上がって少々暑くなってきたところでもあり、ところてん、美味かった。

甘味処:「石鍋商店」

今度は忘れずに、食べる前に撮影。

【玉子焼:「扇屋」】
昔は料理屋が軒を連ねていたという王子。「扇屋」は、350年以上の歴史を誇り、落語「王子の狐」にも登場する。お目当ては持ち帰り用のおおきな玉子焼。
が、見当をつけた場所にそれらしい建物はなく、代わりにラブホテルが。それでも諦め切れず辺りをぐるぐるしていたら、ホテルの向かいのビル名が「扇屋ビル」と・・・。そして、ビルの一階に玉子焼の販売ブースが。最後に残った老舗料亭も時代の波には逆らえなかったか。
複雑な思いで、お土産用玉子焼購入。石神井川に面した立地で、ここに老舗料亭が残っていたらさぞや風情があったことだろうと、ちょっと残念。

玉子焼:「扇屋」

扇屋ビルと玉子焼販売ブース。

【飛鳥山博物館】
ゴールの王子駅はすぐそこだが、もう一歩足を延ばして飛鳥山公園へ。山上の公園は親子連れで大賑わい。意外にメジャースポットだったことに驚く。
「紙の博物館」が目当てだったが、意に反して有料だったため、隣の「区立飛鳥山博物館」へ。こちらは無料。ちょうど「ノスタルジア・駅弁掛け紙コレクション」展を開催中。古い時代からの全国の駅弁掛け紙、駅弁関連アイテムが展示されていた。
デザインやキャッチコピーに時代が反映されていて大変興味深い。広告も掲載されていて、駅弁が広告媒体として機能していた(それだけ多くの利用者がいた)ことに感心。ほとんどが、1個人蔵のもので、その当時からこういうものを蒐集することを趣味とする人(いわゆる”鉄ちゃん”のハシリ?)がいたことに感動。

飛鳥山博物館

飛鳥山博物館(無料)入り口。

【音無橋交差点】
飛鳥山から、電車通り沿いに王子駅へ。
スタートから4時間あまり。なかなかに中身の濃いぶらり旅であった。

音無橋交差点

右手に下ると王子駅。正面音無橋を渡ると十条方面。

【地図】
今回の街歩きはこんな感じで。
「マップ」は自作しプリントアウトして持っていった。こんな下準備をするのも愉しいもの。

街歩きマップ:十条・王子

こんな感じで歩いてきました。